こんなに便利!ティーサーバーを基礎から学ぶ

こんなに便利!ティーサーバーを基礎から学ぶ

ティーサーバーとは、給茶機とも呼ばれ、企業のオフィスや社員食堂などで、24時間いつでも美味しいお茶を淹れることができるマシーンです。

ティーサーバーを使うことによるメリットとして、社員が人力でお茶を淹れるのにかかる時間と労力を削減できることがあげられます。
社員が勤務時間にお茶を淹れるには、お湯をわかす、お茶を抽出するなどの複数の工程を経る必要があり、時間もかかります。

また、お湯を沸かすにはガス料金や電気料金が発生することになります。

給茶機を稼働させることによって、これらの人的・経済的なコストを抑えることが可能です。



ティーサーバーには、いくつかの種類がありますが、使用するお茶の葉の状態によって、次の2つに区分することがほとんどです。一つ目は、お茶の葉を細かく砕いてパウダー状にし、お湯で抽出するタイプのティーサーバーです。

茶葉を、細かい粒のパウダー状なるまで砕いているため、濃厚な味が特徴です。

NAVERまとめを利用するなら此方のサイトです。

抽出ためにかかる時間が短いのも、パウダータイプのサーバーの魅力となっています。

二つ目のティーサーバーは、茶葉をそのままの形状で使用するタイプです。

こちらでは、市販されている茶葉を加工することなく用いるため、茶葉の入手性が容易になり、仕入れにかかる費用を抑えることも可能になります。

急須を使って淹れたお茶と味が変わらないため、飲み慣れていない人でも違和感を感じることがないところもメリットとされています。

ティーサーバーに関する疑問にお答えします。

Copyright (C) 2015 こんなに便利!ティーサーバーを基礎から学ぶ All Rights Reserved.