永代供養墓はどのような場合に利用されるのか

永代供養墓はどのような場合に利用されるのか

様々な形態のお墓が提案されている中で、多くの人から注目を集めているのが永代供養墓です。

このお墓は、お墓を作っても継続して親族がお墓参りをすることが難しいという場合や、定期的にお墓参りが出来る親族が居ない場合に利用されます。故人の親族が県外など遠くに住んでいる為お墓参りができず、掃除して管理することが出来ない人が多くなっています。

効率がいい千葉の永代供養墓の価値ある情報を探してみてください。

また、亡くなった人の配偶者や子供、孫が居らず、お墓を立てたとしてもその後の管理ができないというケースもあります。

このような場合に永代供養墓利用することで、親族の代わりにお寺などがお墓を管理してくれます。しかし、管理や供養をしてくれる年数には限りがあります。
年数はお寺によって様々です。



たくさんのお寺がありますが、三十三回忌まで管理や供養をしてくれるお寺が最も多いです。
場所によっては霊園が永代供養墓を管理してくれるところもあります。

近くにお寺が無い場合にはそちらを利用することも可能です。

このお墓を選ぶメリットとして、お金があまりかからないという点があります。

一般的なお墓の管理をお寺などにお願いした場合、管理費なとが度々必要になりますが、永代供養墓の場合は、最初に諸費用を払った後はお金は必要ないという場合がほとんどです。
その為、経済的に余裕がなく、管理が出来ないという場合にも利用されます。


お墓の管理は難しく、大変です。


少子化や核家族化が進む現代に合った供養の方法を遺族は考えなくてはなりません。

NAVERまとめの最新情報が揃っています。

Copyright (C) 2016 永代供養墓はどのような場合に利用されるのか All Rights Reserved.